ヒップラインは内腿を鍛える

ヒップラインは内腿を鍛える

ヒップラインは内腿を鍛える

お尻のたるみはどうにかしたいものですよね。

 

美尻になるにはどうしたらいいのでしょうか

 

 

鍛えにくいのがお尻ですが、どのようなエクササイズがいいのか、紹介していきます。

 

 

お尻の筋肉を正しく使えていれば、美尻になるのは簡単です。

 

お尻を意識、というとお尻だけにちからをいれてしまう。

 

全体に下がって力をいれるのではなく、内腿を鍛えるイメージです。

 

お尻のほっぺが上向きにあがり、筋肉が硬くならない状態です。

 

内股絞りからお尻締め。

 

美尻を作る基本はこれです。

 

骨盤のどん底から絞り上げるイメージが大切です。

 

お尻を締めていくと

 

腿裏の筋肉を使います。

 

骨盤がたちあがって背骨のラインが正されるのです。

 

 

胸郭がひらき、デコルテラインがすっきりすることで、美しい姿勢が手に入ります。

 

 

解剖学的にも、骨の原点は骨盤です。

 

ボディデザインの原点はお尻です。

 

お尻をきたえることが、結果的にウエスト、背骨、ふともも、など中半身、体幹を鍛えることになります。

 

 

大きな筋肉と、深層筋があつまっているのが、中半身。

 

 

カロリー消費が高まり、余計な脂肪が落ちます。

 

腰周りのシェイプアップになるので、お尻を制する人は美を制するともいえるわけですね。

 

 

お尻を意識できるようになると、おなかと太もも、あしも引き締まって、スタイルの輝きが全然ちがってきますよ。

 

美しく輝いている人は、何歳になっても努力している。

 

あきらめなければ美は手にはりますので、鍛えて若々しくいることが大切です。

しわやたるみの原因 エステでしわたるみを抑えられる?

しわやたるみというのは女性にとって老けて見える原因になります

 

しわやたるみの目立たない肌になりたいという人は少なくありません。お肌にしわやたるみができるメカニズムを知ることが、スキンケアでは重要な意味を持っています。

 

しわやたるみの一番の原因は、紫外線などによる乾燥、そして表情筋など顔のそれぞれのパーツを支えている筋肉が衰えてきた事です。

 

皮膚に紫外線が当たらないようにして、日焼け予防をすることが、しみやたるみ対策になります。

 

お肌のしわやたるみが目立つようになるのは、度重なる日焼けで肌が乾燥することと関係があります。紫外線の肌に与える影響でさらに考えなくてはいけないのは、光老化を起こすということです。

 

長時間の間紫外線を浴び続けると、人間の皮膚は光老化によって乾燥が進み、保湿力が弱くなって代謝が低下し、しわやたるみが目立つようになります。皮膚にしわやたるみができるのは、肌の弾力が失われるためです。
肌の弾力はコラーゲン繊維によって保たれていますが、紫外線を浴びるとコラーゲンの繊維が破壊されます。

 

しわやたるみの改善にコラーゲンが役に立つと良く聞くことがあります。お肌の弾力を維持するには、コラーゲンを肌に補給し、ハリのある肌にすることがいいと言われています。

 

しわやたるみのない、瑞々しいお肌を守るためには、肌に紫外線が届かないようにすることで、光老化を予防するということが必要になります。